ウエストミンスター日本人教会の

ホームページへようこそ!


私たちの教会は、1977年にジョージア州アトランタ郊外でスタートを切り、宗教改革(プロテスタント)の精神に基づいて聖書の教えに堅く立つことを信条にしています。

日曜日の礼拝を中心に、 色々な集会( 聖書勉強会、祈りの会、教会に集う者の交わりの会、子育て真っ最中のお母さんと子どもの会等)があります。 また季節ごとに子ども向けイベントやゴルフトーナメント、ボーリング大会等も開催しています。

礼拝、各集会はどなたでもご参加いただけます。また毎週の礼拝では英語の同時通訳と、担当者による託児がありますので、ご希望に応じてお気軽にご利用下さい。

聖書の言葉を通して、私たちの教会が日本人コミュニティーの中で一人でも多くの方々の心の拠り所になれば幸いです。

どうぞ一度礼拝にお越しください。心よりお待ちしております。

                                       牧師 長井正人

※ 当教会はエホバの証人・統一協会・モルモン教などの団体とは一切関係ありません。

第27聖日礼拝

2020年7月5日

説教「祈り③ 」

祈りを教えてください(前編)


 

聖書朗読   

マタイによる福音書 6章5節~15節

エレミヤ書 29章11節

今回も新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、長井牧師が予め撮影した動画をお送りします。

本日から7回のシリーズでキリスト教の祈りというテーマでお話をしていきます。

キリストの弟子たちがその祈るという時にそれは一体何なのか。どのような意味があるのか。何のためにお祈りするのか。神は祈りを聞いてくださるのか?

色々な角度から「祈り」について掘り下げていきます。

長井牧師による説教のYouTube動画は、こちらからどうぞ! 

新型コロナウイルス対策について


7月31日までの期間 Westminster Japanese Church の教会活動はすべて休止とします。


7月31日以降の教会活動の予定は、状況を見ながら判断し、その都度皆様にお知らせいたします。

しばらく教会にてお会いすることはできませんが皆様の信仰と健康が守られるようお祈り申し上げます。
                             Westminster Japanese Church 役員会一同


詳細は、《コロナウイルスに関して》のページに掲載してあります。

不明瞭な点やご質問は、お気軽に教会にお問い合わせください。

皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。そして、互いの健康に配慮し合い愛の心を持って、今回のウィルスに感染した方々の回復のため、事態収束のため父である神に祈りましょう。


【都に上る歌。ダビデの詩。】主の家に行こう、と人々が言ったとき/わたしはうれしかった。
エルサレムよ、あなたの城門の中に/わたしたちの足は立っている。
エルサレム、都として建てられた町。そこに、すべては結び合い
そこに、すべての部族、主の部族は上って来る。主の御名に感謝をささげるのはイスラエルの定め。
そこにこそ、裁きの王座が/ダビデの家の王座が据えられている。
エルサレムの平和を求めよう。「あなたを愛する人々に平安があるように。
あなたの城壁のうちに平和があるように。あなたの城郭のうちに平安があるように。」
わたしは言おう、わたしの兄弟、友のために。「あなたのうちに平和があるように。」
わたしは願おう/わたしたちの神、主の家のために。「あなたに幸いがあるように。」
                                  詩編122編

                        (日本聖書協会 『聖書 新共同訳』 )

For God so loved the world that he gave his one and only Son, that whoever believes in him shall not perish but have eternal life. (John 3:16)

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。       独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」

                                     (ヨハネ福音書 3章16節)

 *日本聖書協会発行 新共同訳聖書より引用